ブランド買取における注意点!

いつ何と一緒に買取してもらえばいいのか

ブランド買取サービスを利用するなら、いくつかの注意点があります。まず高価買取を狙うなら、発売された日からなるべく早く売ることが重要です。そのため、売りたいなと思った瞬間が売り時であるのでなるべく早く店舗を探しましょう。もし購入してから一度も使用していないタグがついたままのブランド品があるならば、買取店舗でも新品の扱いになるのでそのままにしておくことをおすすめします。 また、ブランド品に付属していたものがあるならば購入時から保存しておくとよいです。保証書やギャランティカードなどは特に大事なものになります。買った時は売るつもりが無い場合でも、ブランド品であるという証拠になる付属品はとっておくと安心です。

買取予定であるブランド品の保管の仕方

売ると決めたブランド品はそのままにしておくのではなく、手入れを定期的に行うと安心です。特にブランドバッグは保存の仕方に気をつけなかれば型崩れしていまいます。洋服の場合はハンバーにかけてシミや虫食いに注意するのが大事です。もし汚れやニオイなどが気になるならば綺麗にしましょう。状態の良し悪しは査定額にも影響します。 ブランド品を売る前は品物だけでなく、書類も準備しましょう。身分の証明ができるパスポートや免許証などが必ず必要です。現住所が証明書に記載されていなければならないため、しっかりチェックしておきましょう。このようなポイントに注意しておくと店舗での買取査定がスムーズに行われ、査定額もアップしやすいです。